ダイエット

間違った知識!ホントは痩せない!太りやすくなる!炭水化物ダイエットは危険

スポンサーリンク

お米、麺類、パン我慢して食べてないのに全然痩せない・・・

実は勘違いしてる女子がたくさんいます。

結論から言うと、

炭水化物を抜いても痩せません

炭水化物は痩せる為には必要

これはリバウンドを防ぐためでもありますが、他にもいろいろ理由はあります。

腹持ちが悪く、間食や余計な摂取が増える

身体を引き締めたい人は、糖質制限するのではなく積極的に糖質を摂る必要があります。

※たくさん食べろと言っているわけではありませんよ(笑)

脂肪は筋肉で燃えますね?

脂肪を減らすには筋肉を増やすし代謝を高める。

言いたい事ははなんとなくわかると思います。

実は筋トレには糖質が必要です。

エネルギー源である糖質が少ないと、筋肉を分解しエネルギーを作ろうとします。
脂肪だけが使われれば良いのですが、そううまくはいきません。
身体に必要な筋肉も分解する事も!

糖質を制限しすぎると筋肉がつかない!

糖質は、筋肉や肝臓にグリコーゲンとして蓄えられます

身体に十分なグリコーゲンがあるとタンパク質(筋肉)を合成させるスイッチがオンになりますが、糖質を制限してグリコーゲンが少ない状態だと、タンパク質の合成がOFFになってしまいます。
この状態では、いくらトレーニングをしても筋肉が合成されない状態になってしまうのです。

なので、糖質(身体にとっての燃料)が少なくなれば、身体の体温は下がってしまいます。
ということは、基礎代謝も低下してしまうのです

要するに・・・

炭水化物を抜くと余計に太りやすくなる!

痩せようと思ってやってた事が逆に太りやすい体を作るなんて!

絶対嫌ですよね。

抜くなら夜☆

 

朝、昼は怖がらずにしっかり炭水化物も食べましょう。

もし「ダイエットしたい、健康にも気を使いたい」なら、白米やパンをやめて、玄米やブランパンなどに変更しましょう。

で、夕飯はヘルシーに炭水化物を抜く。でも大丈夫です。

間違った認識が逆効果ということはよくあります。

健康的でヘルシーボディ目指して正しいダイエットをしましょう。

スポンサーリンク

Scroll Up
error: Content is protected !!