ダイエット

ただ飲むだけじゃダメ?豆乳ダイエットはホントはこうやる!

スポンサーリンク

ただ、飲めばいいという訳じゃない。

せっかく飲んでいても効果がないなんて悲しすぎる!

豆乳ダイエットの正しいやり方教えます。

  • 美肌やバストアップに効果のあるイソフラボン
  • 脂肪燃焼を促進する大豆サポニン
  •  筋肉に必要なタンパク質(植物性)
  • 血液中のコレステロールを溶かすレシチン
  • 腸内環境を整えるオリゴ糖

イソフラボンはエストロゲンが少なければ増やし多ければ減らすというお利口な子です。エストロゲンのバランスほ女性にとってすごく大事なので覚えておきましょう♪
サポニンは肥満体質の改善と酸化を防止する効果もあります。ダイエットにもアンチエイジングにもバッチリ☆

そのほかにも心臓病院予防、乳がん予防などの効果も認められています。

豆乳選び

さあ、甘〜いお砂糖のたくさん入った美味しい味のついた豆乳を……

いい訳ないですよねw

果糖ではなく無調整豆乳。

少し癖があって苦手な方もいるかもしれませんが、豆乳はカロリーが高めです。200ml(小さいパック)でも100kcal前後あります。飲み過ぎには注意です。果糖の豆乳をたくさん飲んで「痩せなーい!」なんて当たり前ですよw

 

持ち帰るのは重いのでネットショッピングがおすすめ♪

Amazonと楽天それぞれこちら♪

 

ポイントは生理1週間前!

実は生理1週間から飲むというのが1番効果を発揮します。

生理前は身体が水分や脂肪を蓄えようとします。そこで豆乳を飲んで、ため込まない体にするのです。生理前の止まらない食欲などで食べ過ぎによる体重増加も防止してくれます。

生理がくると、カラダは老廃物や水分などを排出する働きをしますが、このとき“ため込まない体”であれば、元からある脂肪を排出してくれるというわけです。ダイエットに繋がりますね♪

生理の時以外は?

継続的にずっと飲んでしまうと身体が慣れてしまいます。健康が目的なら毎日飲んでも大丈夫ですよ♪ダイエットが目的なら生理前1週間だけとかにした方がいいと思います。

すぐに痩せる!というダイエットではありません。徐々に痩せやすく太りにくい体を作るのが目的のダイエット法です。

勘違いしてやると、飲んだけど痩せなかった。とすぐやめてしまう原因になります。習慣にしねいく事が正しい豆乳ダイエットです。継続は力なりです。

しっかり理解して挑戦しましょう。

スポンサーリンク

Scroll Up
error: Content is protected !!