スキンケア

毛穴の悩みに3大栄養素とおすすめ食べ物

スポンサーリンク

前回、毛穴の悩みや改善方法についてお伝えしましたが、

今回は栄養と食べ物についてお伝えしようと思います。

3大栄養素

 

ビタミンB6

タンパク質と脂質の代謝を助け、肌代謝を活発にして肌の潤いを保ちます。

ビタミンB6 が多く含まれる食べ物は、

魚(マグロ、カツオ、イワシ、アジ、サンマ、塩鮭など)

肉(鶏レバー、豚レバー、鴨肉、ささみ、鶏挽き肉など)

酒粕、とうがらし、ドライイースト、乾燥マッシュポテト、ビーフジャーキー、黒ゴマなど

ビタミンB2

タンパク質、脂質、糖質の代謝を助け、肌代謝を促し、健康な肌を作りる役割。

細胞の老化を防ぎます。皮膚や粘膜の健康維持。

ビタミンB2ga多く含まれる食べ物は、

魚(うなぎ、ウニ、いくら、ずわいがになど)

肉(レバー、ハツ(鶏豚牛)、豚たんなど)

納豆、モロヘイヤ、ノリ類。カマンベールチーズなど

ビタミンB1

ご飯や麺類などの炭水化物をとったとき、これがしっかり代謝されないと、お肌は皮脂を過剰に分泌します。

皮脂の過剰分泌を予防するために炭水化物の代謝を促す栄養素が効果的です。

ビタミンB1が多く含まれる食べ物

魚(たらこ、うなぎ、すじこ、タイ、明太子など)

肉(豚肉、ハム、ベーコン、ハツ、豚たん、など)

大豆、昆布、きなこ、青のりなど

他にも気を付けてほしい事

 

喫煙されていますか?

せっかく3大栄養素を摂取しても、喫煙をすると体内のビタミンが破壊されます。

実際、喫煙をしている人は毛穴が目立っている方が多い。くすみも目立ってしまいます。

毛穴の開きを改善してお肌をきれいにするためにも、喫煙しているなら今すぐ禁煙しましょう。

禁煙にはメリットしかないですよ♪

あぶら取り紙使ってますか?

頻繁にあぶら取り紙を使う人は、注意が必要です。

皮脂をとりすぎると、乾燥したと思い込み逆にあぶらを出そうとしオイリー肌の原因になります。どんどんあぶらを出されては毛穴に詰まったり残ったりしてもちろん、よくないです。

なので、あぶら取り紙をやめて、ティッシュで優しくとる程度にしましょう♪

毛穴レス目指しましょう♪

スポンサーリンク

Scroll Up
error: Content is protected !!